本文へ移動

プレスリリース

ピックアップ(WEBカタログ)

厚生労働省 働き方改革事例集
中田商事-リコー中小企業応援

プレスリリース

RSS(別ウィンドウで開きます) 

24年問題に挑む【物流ニッポン】

2023-07-18
カテゴリ:働き方改革,時給制,人材確保・育成
「時間給=低賃金」払拭
物流ニッポン

「2024年問題」は物流業界の労働力不足に拍車を掛け、運送事業者の自助努力は限界との声が多く、対策に必要となる原資の確保には官民一体での取り組みが求められる。都市と地方の事業者の温度差、着荷主の関心の低さも課題だ。一方で、これを乗り越えれば長い目で見て人材確保に有利となる、というプラスの考え方もある。24年問題に挑む経営者6人に、今の思いを聞いた。

(前略)
ー時間給導入で様々なメリットがあった。
「頑張って走れば給料が増える」というのが歩合給だが、今後は走らせてはいけないことになる。24年問題で残業を含む総労働時間に制約がある以上、歩合給より時間給の方がずっと理にかなっている。
 また、労働時間と給与の関係が単純明快なので、それをベースに配車や営業を行うことで全社の日常業務が格段に効率化した。働きやすい職場(運転者職場環境良好度)認証、女性活躍推進企業に与えられる「えるぼし認定」、健康経営優良法人などの認証取得も、わかりやすい労務管理データがあるので簡単だった。
-今後の課題は、
やはり人材確保が大きなテーマだが、24年問題に時間給で対応し、時間外労働が少なく、給与も安定していれば「ホワイト企業」として胸を張れる。トラック運送会社が進む方向性としては正しいはずで、長い目でみれば人材確保につながると確信している。


質を高めあえる部会目指す【物流Weekly】

2023-07-06
カテゴリ:IT活用,働き方改革,時給制,保育園
三ト協青年部会 通常総会と青年塾
物流Weekly
(中略)
令和5年度における第1講となる青年塾では中田商事(伊賀市)代表の中田純一社長を招き、「2024年問題をチャンスに変える~中田商事のデジタル化戦略~」と題した講演を実施。
渡辺部会長はこの日の感想を述べ、中田商事における取組に対する高い評価を示した上でそれを部会内で共有できたことの意義に言及。
(中略)


経営革新のための業務事例【リコー:中小企業応援サイト】

2022-12-27
カテゴリ:IT活用,働き方改革,保育園,サッカー,女性活躍,設備投資
オススメ
安値受注が多かった運送業で、データを示し理解してくれる顧客を大切にし、保育園経営からサッカースタジアム創設まで実現
中小企業応援サイト(リコー)
この記事に書いてあること
1.阪神・淡路大震災から始まった運搬の仕事
2.「当たり前のことを、当たり前に」の精神が貫いてきた様々な困難への挑戦と克服
3.10年以上前から取り組んできた「データ(根拠)を示す」企業姿勢を可能にしたデジタコの登場
4.新たな販売管理システム、労務管理・安全管理システムの導入も「当たり前のことを、当たり前に」の一部
5.女性活用を実践した先にあった「どんぐり保育園」事業の思わぬ成果
6.サッカー少年たちへの思いは、スタジアム創設へと結実
7.早くからICTを活用してきたことで、データを管理者全員で共有し、対策を練っていく段階に入った

 (詳細に掲載されています)

健康経営優良法人2022 インタビュー【アクサ生命】

2022-09-28
カテゴリ:健康経営,働き方改革
「従業員の幸せ」と「自社の持続的成長」を実現するために
アクサ生命
運送業界、運送会社のドライバーと聞いてどんなイメー ジを持つか?旧態依然の業界?ドライバーは一匹オオカミ、独身者が多く、不規則な生活、不健康? 当たっています。現状維持では従業員の幸せはないと 確信しました。言い方を変えればここから改革できれば 社員は幸福感を感じ、働く意欲も向上し従業員も会 社も成功できると確信しました。

SNSでPV公開【物流ニッポン】

2022-09-06
カテゴリ:IT活用,働き方改革,保育園,人材確保・育成,女性活躍
ドライバーの給与を歩合給制から時間給制へ 多様な就業形態で女性にも活躍の場を
中田商事は7月中旬から、初めて作った自社のプロモーションビデオ(PV)をホームページ(HP)上に加え、フェイスブックやインスタグラムなどSNSで順次公開している。

▼お気軽にお問い合わせください

TEL. 0595-26-3535
お電話でのお問い合わせもお待ちしています